眠り男 

W 1600 D 1600 H 2200 

引きこもりの弟の部屋のドアを使って弟の部屋を再構成した作品である。
私が同じ空間にいながら弟を感じることができる唯一のものは弟自身ではなくそのドアで ある。
そのドアを使い、弟そのものの存在を『眠り姫』に見立て制作した。
眠り姫は恐ろしい魔女によって荊棘に覆われた城の中で一人眠り続けるが、弟もまた母親 の過剰な保護によって外に出ることができない。 家庭用インターネットが普及した2000年ごろ『ニート(Not in Education,Employment or Training)』という言葉が流行した。 このふたつの項目について深い関係性を見出せないかと思い制作した。
ほとんど顔をあわせることのなくなった弟の記憶、入ることのできない弟の部屋、更新さ れなくなったインターネットのサイト、見つけることのできなくなったホームページに それぞれ共通点を見出し制作した。 

 © 2018 by Shiori WATANABE 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now