one line 

w 5200 d 300 h 400 

流木に釘を打ちました。キラキラした表面の内側は拷問具のように釘が内部に向かいます。 この作品の制作では、自分以外の人に釘を打ってもらいました。様々な人が打った釘が同じ方向を向かう。 本質は表層に決定づけられるのではないかという発想から思いついた作品です。 

 © 2018 by Shiori WATANABE 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now